両手の画像

体の中からのケアと化粧品によるスキンケアで美肌をつくる

スキンケアには、体の中から働きかける方法と肌に直接働きかける方法があります。

体の中から働きかけるケアとしては、食事や運動や睡眠などの生活習慣がカギとなります。

食事は、野菜、果物、肉類、魚介類、卵、大豆製品、乳製品、海藻類などの食べ物を満遍なく食べて、ビタミン、ミネラル、タンパク質などの栄養素をバランスよく摂取することが大切です。

代謝や血流を良くするためにこまめに水分を摂取するということも重要です。

腸内環境が悪化すると肌荒れにつながってしまうので、美肌を保つためには腸内環境を整えるということも心がける必要があります。

そのためには、悪玉菌を減らして善玉菌を増やす働きがある乳酸菌を摂取したり、腸の蠕動運動を活発にさせる働きがある食物繊維を積極的に摂取するのが効果的です。

運動は、ストレッチやウォーキングや体操や筋トレなどの手軽にできるものを習慣づけることが大切です。

睡眠には、美肌づくりに欠かせない成長ホルモンの分泌を促す効果や、食事で摂取した栄養の吸収率をアップさせる効果があるので、早めの就寝を心がけて良質な睡眠をとるということを意識しましょう。

肌に直接働きかけるケアとしては、毎日の化粧品での丁寧なお手入れが大切です。

スキンケアにおいて最も重要なことは保湿です。

保湿不足で肌が乾燥すると、角質のバリア機能が低下してしまい肌のターンオーバーが乱れてしまいます。

その結果、シワ、くすみ、シミ、ニキビ、たるみ、毛穴の開き、ゴワつき、ザラつきなどの様々な肌トラブルにつながってしまいます。

化粧品でのスキンケアで保湿力を高めるためには、一つ一つの工程を丁寧に行うことが大切です。

洗顔後にはふき取り化粧品やピーリングなどで角質の状態を整えたり、ブースターを使用して化粧水の浸透力を高めたり、パックや保湿効果が高い美容液などでスペシャルケアをしたりなどの一手間を加えることで保湿力を格段にアップさせることができます。

体の中からのケアと化粧品によるケアで美肌をつくっていきましょう。